音楽と合唱をこよなく愛する者達の集まりです

福島章恭


禿臂篭

  • 音楽評論家、合唱指揮者。桐朋学園大学声楽科卒業。声楽を萩谷納、移川澄也、指揮法を紙谷一衛、リコーダーを守安功の諸氏に師事。
  • 1996年、ベルギーのナミュールにて、F・ベルニウスの合唱指揮マスタークラス受講。
  • 現在、合唱指揮者として、東京ジングフェライン、長岡混声合唱団、富士ベートーヴェンコーラス、ヴォイス2001、女声合唱団 KIBI、HANAヴォーカル、スウィングロビン指揮者。
  • オーケストラとの共演でも「最高のコーラスマスター」として故・堤俊作、井上道義、ペトル・ヴロンスキーの諸氏から絶大な信任を得る。
  • 2004年ウィーン世界合唱祭において、眦鳥囲困量抄福嵜紊里い里繊彖感覆鬟Εーン、ザルツブルグ初演。
  • 2005年10月プラハ・スメタナホールにて「水のいのち」全曲とドヴォルザーク「ミサ曲ニ長調」を指揮(共演:チェコ・フィルハーモニー合唱団)。
  • 2005年10月東京ジングフェラインを立ち上げる。
  • 2006年12月、ウィーン楽友協会ホールにてモーツァルト「交響曲40番」「レクイエム」を指揮(チェコ・プラハ管弦楽団)。
  • 2009年1月、ウィーン・シュテファン寺院からの招聘により、同寺院グランドコンサートにて、モーツァルト「レクイエム」を指揮(ウィーン・ドーム・オーケストラ、共演:コルス・ヴィエネンシス)。聴衆のみならず教会関係者、共演者にも多大な感銘を与える。
  • 2010年11月、日本人としてはじめてバチカン・システィーナ礼拝堂にて合唱コンサートを行う(コチャール「第3のミサ」、高田三郎「雅楽の旋法による聖母賛歌」、ブルックナー「モテット集」ほか)。
  • 2013年8月、ライプツィヒ聖トーマス教会に於いて、バッハ「ロ短調ミサ曲」を指揮(東京ジングフェライン、ザクセン・バロック・オーケストラ)。その成功により、2016〜17年の「マタイ受難曲」の演奏依頼を受ける。
  • 2014年10月、愛知祝祭管弦楽団との「福島章恭ブルックナー・シリーズ」が交響曲第8番とともに開幕する。
  • 音楽評論家として、1994年アリオン賞(現・柴田南雄音楽賞)奨励賞受賞。
  • 著書に「クラシックCDの名盤」「新版クラシックCDの名盤」「同 演奏家篇」(宇野功芳・中野雄共著 文春新書)、「交響曲CD絶対の名盤」「モーツァルトをCDで究める」「モーツァルト百科全書」「バッハをCDで究める」(毎日新聞社)、「新版クラシックCDの名盤」(宇野功芳・中野雄共著 文春新書)ほか。
  • 自他ともに認めるアナログ・オーディオマニアでもある。


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional